1. HOME

医療費の助成制度について

精神疾患は、改善するまでに時間がかかる病気が多いので、長期にわたる通院が必要になります。
患者さんにとって、長期間の通院や投薬の負担は、決して軽くありません。

そのため、通院に関する費用の補助、年金受給などさまざまな制度があります。

ただ、それぞれ違う制度で、条件や申請先が異なり、複雑に感じられるかもしれません。
それぞれどういった制度か、自分は条件に適合するのかなどについて、当院のスタッフが、わかる範囲でお応えします。
お気軽にご相談ください。

自立支援医療

通院や投薬の自己負担額が、1割になる制度です。
健康保険の種類や地域によって、自己負担額が無料になることがあります。

対象 心療内科や精神科に長期通院されている方
申請先 お住まいの市区町村の担当窓口で、利用する本人またはご家族が申請
当院でご用意できる書類 医師の診断書(自立支援医療診断書)

精神障害者保健福祉手帳

公共料金や公共交通機関の割引、税金の控除・減免など、生活におけるサービスの給付が受けられる制度です。

対象 治療を開始してから6ヶ月以上、心療内科や精神科に通院している方
申請先 お住まいの市区町村の保健所
当院でご用意できる書類 医師の診断書(精神障害者保健福祉手帳用)

障害年金

直接的な経済支援が受けられる制度です。

対象 初診から1年6ヶ月以上、心療内科や精神科に通院している方
申請先 国民年金の場合は、各市町村の国民年金課、
厚生年金の場合は、勤務先を管轄する社会保険事務所
(協会けんぽの場合は、協会けんぽ愛知支部など)
共済年金の場合は、各共済組合
当院でご用意できる書類 医師の診断書(精神の障害用)